不整脈カテーテル治療専門循環器内科医のご意見

青梅市立総合病院循環器科医師 大友建一郎先生 のご意見

 

循環器内科では15年ほど前よりカテーテルアブレーションという治療法により心房細動を完治できるようになってきていますが、心房細動の持続時間が長く心房が大きくなってしまった患者さんではカテーテル治療が困難なことも多く、ワーファリンなどの血栓予防薬の服用を続ける方も多数いらっしゃいます。大塚先生の行われている左心耳切除手術は、胸腔鏡による手術ですので、体への負担が小さく短期間の入院でワーファリンの服用が不要となるため、当院からも脳出血や痔出血などの理由でワーファリン服用が困難な患者さんをご紹介しています。左心耳を切除する際に心房細動の原因である肺静脈をカテーテル治療と同様に治すことも可能で、心房細動の持続期間の短い患者さんでは心房細動そのものも治していただいています。もしも心房細動が再発した場合にも、後日内科でカテーテルアブレーションによる追加治療により心房細動を完治させることも可能です。将来、この手術とカテーテルアブレーション治療を組み合わせることで、より多くの心房細動の患者さんの脳梗塞予防と心房細動完治の可能性が高くなっていくものと考えています。

 

ページの先頭に戻る